子育てココ!

食物アレルギーのある年子兄妹の食物アレルギーや食育をメインにファッションや日常を書いた子育てブログです。

麩は一番危険❓生後7ヶ月の時、離乳食で麩を食べさせてアレルギー症状が出ました。

 

こんにちは。yumiです。

 

息子は牛乳・小麦アレルギーを克服して、卵アレルギーの治療に入ったところですが、初めて家でアレルギー症状が出た時のことを詳しく記事にしようと思います。

 

www.kosodate-coco.com

 

f:id:yumi_coco:20181119160832j:image

 

 

 

 

麩を食べさせたらアレルギー症状が出た

 

タイトルにも書きましたが、麩を食べさせたことでアレルギー症状が出ました。

 

 

調理方法:お湯でふやかした状態

食べた量:小さじ半分くらい

症状が出たタイミング:食後30分

症状:顔と体に蕁麻疹

           まぶたの上の腫れ 

           咳

 

最初はアレルギーとは気づかず、機嫌が悪いので授乳したり、咳をしていたので風邪を疑って熱を測ったりしたけど、ずっと泣いた状態で、

しばらくして、顔に二個ほど蕁麻疹が出ていることに気づき、体にもポツポツと蕁麻疹が出たことで、『食物アレルギーだ!』と確信しました。

 

 

恥ずかしながら、それまで麩の原材料が小麦だとは知らず、そこで初めて麩の原材料を確認すると、『小麦粉、グルテン(小麦を含む)』と書いていて血の気が引く思いでした。

(なんとなく大豆かなと勘違いしていました。アホ過ぎますね。)

 

f:id:yumi_coco:20181119161040j:image

 

私自身、アトピー性皮膚炎で、高校生の頃に血液検査をしてもらったら、小麦・ダニ・ハウスダストに反応したので、息子も小麦には特に注意をしてうどんやパンもまだ食べさせていませんでした。

 

食べさせる前になぜきちんと原材料を確認しなかったのか後悔しました。

 

後からアレルギー専門の主治医に聞いたことですが、麩は小麦を含む食品の中で一番アレルギーが出やすいそうです。

 

『もしかしたら、うどんやパンを先に食べさせていればアレルギーは出なかったかもしれないけど、今となれば分からないね』と言われたので、益々確認しなかったことを後悔しました。

 

卵アレルギーは卵黄よりも卵白の方が出やすいということも出産後に知ったのですが、小麦アレルギーには麩が一番アレルギー反応が出やすいということも広く知られて欲しいと思います。

 

麩を食べさせた経緯

 

そもそもなぜ麩を食べさせようと思ったのか経緯を思い起こしてみました。

言い訳ですね💦

 

 

離乳食を初めた頃、私は炭水化物、たんぱく質、ビタミンを毎食に取り入れなければいけないと思い込んでいて、炭水化物、たんぱく質、ビタミンが色分けされた食材表を参考に新たな食材を試していました。

 

 f:id:yumi_coco:20181115165954p:plain

こんな感じの表です。

 

離乳食を始めて1ヶ月ぐらい経つと色々な食材を食べられるようになり、新しい食材が増えると嬉しくなっていき、

たんぱく質の食材を増やしたいと思い、表を見ると『麩』の項目があり、我が家も常備していたので、試してみようと思いました。

 

家にある離乳食のレシピ本でも『麩は消化がよく、離乳食にも適しています』と書かれていたし、確かに食べやすそうだなと思っていました。

 

小麦=炭水化物という思い込みが頭の中にあり、たんぱく質の項目にある麩について、原材料が小麦とは思っていませんでした。

 

ふと、『麩の原材料って何だっけ❓』と思ったのですが、新しい食材が増えるという思いが先走り、きちんと原材料を確認しないまま、思い込みで麩を食べさせてしまいました。

 

麩(麸、ふ)は、グルテンを主原料の1つとした加工食品。グルテンは、水で練った小麦粉に含まれるタンパク質のひとつである。

麩 - Wikipedia>

 

とにかく知識がなくても、食べさせる前にきちんと確認をすること、本当に大切だと思いました。

 

症状が出た後の行動

 

 

アレルギー症状を確信したので、慌てて小児科に電話をし、すぐに向かいました。

 

小児科に着いた頃は少し落ち着いていていたものの、熱を測ると37.9℃まで上がっていました。

 

診察をして、アレルギー症状が出ているので、2歳まで小麦は除去するようにと言われ、薬を処方してもらいました。

 

少し風邪気味で体調が良くなかったこともアレルギーを引き起こした可能性があるとのことでまたまた落ち込みました。

 

その時はかかりつけの小児科に行き、次の週に血液検査をしていただき、現在はアレルギー専門の小児科に通っています。

 

最後に

 

麩を食べさせてアレルギー症状が出た時の様子でした。

小麦アレルギーの子供には麩が一番アレルギー反応が出やすいということを一人でも多くの方に知って頂きたいです。

 

私自身の反省としては、新しい食材を食べさせる前に原材料を確認しなかったこと、体調が良くないのに新しい食材を食べさせたこと、本当に今でも悔やまれる行為です。

 

離乳食を進めるにあたり、あれこれ深く考えるのは良くないことだと思いますが、これから離乳食を開始される方の少しでも参考になって、一人でも多くのお子さんのアレルギー発症を防げることが出来れば嬉しいです。

 

子供の苦しんでいる姿を見るのは本当に辛いことで、ずっと忘れることが出来ません。